たるいのウォーハンマーブログ

ミニチュアゲームのウォーハンマーの情報発信ブログ

【AoS】引き続きナイトホーントルール

手洗いをしっかりしよう!どうもたるいです。

 

なんかちまちま塗ってまーす。


f:id:yoshiro-tarui:20220513063113j:image

https://www.warhammer-community.com/2022/05/12/jumpscare-your-opponent-with-spooky-nighthaunt-abilities-to-petrify-and-perplex/

さて今日はまたルール周りの話で長くなりそうなんでさっさと本題に入っていきます。今日もナイトホーントからルールの公開があったので眺めていきましょう。

 


f:id:yoshiro-tarui:20220513063129j:image

一つ目、いきなり長い。すごく簡単に説明すると突撃ロールの修正前の出目によって効果が得られるアビリティとなっています。ただ出目が高ければ高いほど選べる能力が増えるという感じですね。4-7の場合は接近戦フェイズの際敵ユニットにヒットロール-1のデバフがかかります。8-9の時は敵ユニットのセーヴロールに-1修正のデバフがかかります。10+の場合は敵ユニットの接近戦が最後になります。普通交互に選ぶのが最後になるので一方的に殴られるとかあります。

出目次第ではありますがこういう能力が戦闘特性としてあるのはうれしいなと思います。ただあんまりいい出目狙いすぎるとリロールで突撃失敗して返り討ちに合うという悲しい事態に陥ったりします(実話)


f:id:yoshiro-tarui:20220513063143j:image

2つ目。これはサブファクションGrieving Legionの戦闘特性ってことでいいかな。効果は10体以上のGrieving Legionユニットの3mv以内にいる敵ユニットは退却できなくなるというものです。これは強い。退却できなくするというのは強いです。退却できれば勝利点とれるみたいなシチュエーションの時にできなくするって強くないですか?


f:id:yoshiro-tarui:20220513063155j:image

3つ目。Scarlet Doomの戦闘特性。これはBladegheist Revenantsが突撃後1mv以内にいる敵ユニットを1つ選んで突撃した兵の数だけダイスをロールして5+が出る毎に1致命ダメージを与えるというものです。シンプルに便利。さらに共通戦闘特性の突撃バフが乗るわけですからね。夢が広がります。


f:id:yoshiro-tarui:20220513063206j:image

最後。これは共通戦闘特性かな?初期配置終了後かつ作戦目標を争奪する前に味方ナイトホーントユニット3つを戦場から取り除くことが出来、自分の移動フェイズ終了時にそれらの1から3までのユニットを敵から9mvより遠く離れた位置に再配置することが出来ます。

うーんこれも強い。再配置ルールは前もありましたが前は全ユニット数の半分だったような気がするのでちょっと弱まったかな?という印象はあります。半分だったかどうかは少し自信がない。

 

というわけでぬるっと眺めてみましたが昨日に引き続きよりテクニカルな印象を受ける内容でございました。モンスターおいてどりゃあ!って感じのアーミーではないと思いますがだからといって接近戦がつらいという感じの能力でもなさそうなので使ってていい感じにヒリヒリする楽しいアーミーになるんじゃないかなあと思います。私は退却制限がされるというのを見ただけでだいぶ嫌です。貫通無効になったりする分アイアンジョウが苦手にしそうなアーミーなんだよなあというか元々苦手なんだよなあ・・・。

【AoS】ナイトホーント新モデルAwlrach the Drownerの能力

手洗いをしっかりしよう!どうもたるいです。

 

大型連休明けでシンプルにバタバタしてます。


f:id:yoshiro-tarui:20220512061249j:image

https://www.warhammer-community.com/2022/05/11/take-your-nighthaunt-on-a-magical-voyage-with-awlrach-the-drowner/

さて本日の気になったニュースはナイトホーントの新モデルAwlrach the Drownerの能力が少し公開されていたのでその情報を共有していきます。


f:id:yoshiro-tarui:20220512061429j:image

なげえ!けど書いてることはまあまあシンプルなのでざっくりと。「この指揮アビリティは移動フェイズ開始時に使うことが出来る。もし発令したならばこのユニットから射線の通っている味方ナイトホーントユニットをひとつ選ぶ。そのユニットは受令しなければならない。まずこのユニットを戦場から取り除きあらゆる敵ユニットから9mv離れた位置に配置する。その後先程選ばれた味方ナイトホーントユニットを戦場から取り除き、このユニットから12mv以内に全体が収まった状態かつあらゆる敵ユニットから9mv離れた位置に配置する。この指揮アビリティは移動とみなす」

んー強い。Awlrach the Drownerから見えてさえいれば戦場のどこにいても再配置出来るというのはすごく応用が利くきがします。例えば接敵範囲にいる状態でも追い討ちされない位置に配置し直せる可能性がある所とかいいんじゃないかなあと思うわけです。ただまあ想定としてはAwlrach the Drownerの元に好きなナイトホーントユニット呼び出すみたいなイメージなのかなあとは思います。いいと思います。


f:id:yoshiro-tarui:20220512061502j:image

お次は武器の紹介なんですがこの武器の特筆すべき点は射程3というところですね。これって何ができるかと言うと壁ユニットの後ろに配置してても後ろから敵ユニット殴れる所なんですよね。逆もまた然りで敵の壁ユニットの後ろにいるヒーローをワンチャン殴れるということもできたりします。

 

そんなわけで2つ情報が出てきたわけなんですがどちらも上手く使えば相手にとって恐ろしく面倒くさい能力なのでプレイヤーの腕が試されるすごくいいユニットなんじゃないかなあと思います。ナイトホーントいい感じなのでは???

【AoS】アバターオヴカインの能力変更など

手洗いをしっかりしよう!どうもたるいです。

 

ずっと天気悪い予定だったのですが急に晴れ予報に変わったので今だ!みたいなノリで日曜日に組み立てたデスガードのモデルにサフ吹きしました。生プラと黒サフじゃ大して変わることないと思うんですがマットな感じになる分なんかカッコよく見えるの不思議ですね。少なくとも私はそう感じるのだ!


f:id:yoshiro-tarui:20220511061856j:image

https://www.warhammer-community.com/2022/05/10/the-mortal-realms-murderous-avatar-of-khaine-strikes-out-on-its-own/

本日の気になったニュースはバトルトームが新しくなるドーターオヴカインから新ルール、アバターオヴカインのルールが変わるということのようです。


f:id:yoshiro-tarui:20220511062229j:image

ということでこちらが新旧比較。面倒くさいので新ルールだけ雑に翻訳するとモンスターじゃないけどモンスターランペイジが使えるよ、だけどStomp(踏みつけ)とSmash To Rubble(テレイン無効化するやつ)しか使えないよ。それとこいつをモンスターランペイジの対象にすることはできないよ。という感じです。モンスターじゃないユニットがモンスターランペイジ使えるようになるルールは良いと思います。他のモデルにも拡充しろ!ただまあコアルール版上げした時にモンスターランペイジが残るかどうかはわからない話でももし残らなかった時はただ書いてあるだけの謎のアビリティになるわけでなんだかなあという思いはあります。別にStompとSmash To Rubbleと明記しなくてもそれらと同等の能力のルールをそのまま記載すれば版上げにも対応できるわけで煩雑にしてるだけよなあと。バトルトームは頻繁に版上げされるものじゃないわけでなるべくスマートなデザインにしてもらったほうがGWにもファンにもメリットがあるんじゃないかと思うんですがこのルールをみるとあんまり先のことは考えてなさそうだなという印象を受けます。


f:id:yoshiro-tarui:20220511062236j:image

そして専用戦略目標があるようです。内容はゲーム終了時アバターオヴカインかCauldron of bloodが敵の陣地に入っている場合この目標は達成されるというもの。敵陣に残ってる系ってなんか難しくない?って思うんですけどどうなんでしょう。そもそも敵陣に味方ユニットが残ってる状況って戦略目標による勝利点に頼らず勝ってるシチュエーションなんじゃないかって思うんですがそう思うという事はまだまだ全体を通したゲームプランが甘い証拠なんですよね。精進します。

 

ということでアビリティ自体には好意的だけどその在り方については苦言を呈するというなんともこじれた意見を書いてしまった記事となりましたがいかがでしたでしょうか。特にドーターオヴカインはバトルトーム1版→(ここでかなり期間が空く)→モラスィ本→バトルトーム2版→今回のバトルトーム3版となかなか極端なのでなんか下手だなあという風に思いました。以上!

【AoS】シルヴァネスとスケイヴンの対決セット

手洗いをしっかりしよう!どうもたるいです。

 

引き続きデスガード塗ってます。デミグリフナイトどうした。テンション上がってるやつからやるというのが鉄則ですはい。


f:id:yoshiro-tarui:20220510062557j:image

https://www.warhammer-community.com/2022/05/09/avenging-sylvaneth-chase-the-skaven-across-the-realms-in-echoes-of-doom/

さて本日の気になったニュースは対決ボックスは突然に、つうことでシルヴァネスとスケイヴンの対決セットECHOES of DOOMが発表されたのでその情報を共有します。


f:id:yoshiro-tarui:20220510062807j:image

でーん。ということでパッと見これらのアーミーのこと知らない人からすると何がどう何だかわからないのですがすげー簡単に言うとシルヴァネスは4ユニットいてそのうちの冗談の弓兵とセンターのヒーローっぽいのが新規造形のモデルですね。ウォーハンマーフェストで発表されたものたちに違いないのだ。

それからスケイヴンですがこちらも4ユニットいてそのうち新規造形は1番右のヒーロー、これもウォーハンマーフェストで発表されたやつですね。しかしこいつと一緒のセットなのにエシン族のガッターランナーを一緒にいれるわけじゃないんですね。新規造形のこやつがエシンじゃないってことはないでしょう・・・。ただスクリーミングベルとクランラットとストームヴァーミンの組み合わせはスケイヴン基本セット的な雰囲気があって嫌いじゃないです。けどスケイヴンの停滞は3版ルールでスクリーミングベルが割を食う、かつクランラットの様なザ・ホードみたいなユニットが隊列ルールで割を食うという事態が要因のひとつになっていると思うのでこれらをバトルトーム発売前にセットに入れるということはしっかり直すよというメッセージと信じたいです。でもGWってそんなお膳立て考えてるイメージないのよな(辛辣)

 

ということでスケイヴンの事ばかり書いているのですがシルヴァネスの方も何気にツリーロード入っていたりするので両方とも中々いい中身してるんじゃないかなあと思わせてくれる内容になっています。買い足す需要というよりはこれから始めるのに具合がよさそうにみえるというか。スクリーミングベル持ってなかったら買ってたかもしれません。え?プレーグプリーストの方も作れるじゃないかって?バトルトームがどうなってるか分からんだろ!私は見切り発車はしないぞ!

【NEXTWEEK】ナイトホーントとドーターオヴカインのバトルトーム等

手洗いをしっかりしよう!どうもたるいです。

 

昨日は久しぶりにビルドしてました。キットバッシュも久しぶりにやってみたりとまあまあ充実した1日になりました(おわり)


f:id:yoshiro-tarui:20220509060936j:image

https://www.warhammer-community.com/2022/05/08/sunday-preview-witch-aelves-spectral-hordes-and-the-defence-of-the-north/

さてさて本日の気になったニュースはNEXTWEEK!でございます。サムネで丸わかりですね。そんなわけでAoSから新バトルトームでございます。


f:id:yoshiro-tarui:20220509074647j:image

まずは2版終盤の頃は明らかにルールが古くなっていてしんどくなっていた所に3版ルールで尽く割を食ってしまったナイトホーントがついに更新。因みに個人的に2大割を食ったアーミーがこやつらとギッツです。オシアークも苦しいと言われてますけど元々2版ルールの恩恵受けまくってた連中だしいいんじゃないかなあ(適当)。

脱線してますがなんかトークンもつくらしくいつもと違う感じですね。ユニットのバフやデバフの管理がややこしいのかも。他のアーミーも十分ややこしいけどね!


f:id:yoshiro-tarui:20220509061021j:image

ドーターオヴカインも更新。こちらはあんまり期間置かずにリリース。1年経ったくらいかなあと思います。かなり早い。


f:id:yoshiro-tarui:20220509061007j:image

Awlrach the Drowner。どんな効果なのかとか全くわからんのですが有識者の分析をお待ちしております。


f:id:yoshiro-tarui:20220509061046j:image

Craventhrone Guard。対決セットにいたやつらですね。射撃ユニットが追加されたことでどうなるかってところなんですが下手に射撃ユニット混ぜるよりとかそういう考えもあるので未知数なユニットだったりします。


f:id:yoshiro-tarui:20220509061103j:image

ソウルウォーズに入っていた3点セット(だと思う)。一番右のガーディアンオヴソウルが重要なユニットだったりするのですが版上げに伴ってどうなるのか。


f:id:yoshiro-tarui:20220509061120j:imagef:id:yoshiro-tarui:20220509061144j:image
来そうで来てなかったイドネスディープキンとファイヤースレイヤーのヴァンガードボックスが発売。後者はマグマドロスが入ってたスタコレのがお得だったんじゃないの?みたいなことにならないか心配ですが果たして。


f:id:yoshiro-tarui:20220509061156j:image

マグマドロス単品ではウェブオーダー限定になっていたのですが今回流通に乗るという事かなとは思うのですが値段安くなったりするんかな・・・ないよなあ。


f:id:yoshiro-tarui:20220509061218j:image

あるときに買っておけセット。ドーターオヴカインについてはカードセットは出るらしいですが遅れるとのこと。


f:id:yoshiro-tarui:20220509061316j:image

ミドルアースからは北の領域の本的なのが出るらしいですすいません分からんすぎてこの程度しか書けませんが備忘録として記録。


f:id:yoshiro-tarui:20220509061242j:image

メイドトゥオーダーがたくさん来るようです。ローテーションというわけではないのかな。


f:id:yoshiro-tarui:20220509061257j:image

フォージワールドに新しいモデルがくるようです。


f:id:yoshiro-tarui:20220509061305j:image

同じくフォージからこちらはブラッドボウルのスタープレイヤー。思いっきり騎乗してますけどシークレットウェポン扱いではないでしょうきっと・・・いやどうだろ。

 

そんなこんなでだいぶ駆け足に紹介をしましたがAoSのターンという布陣でございます。ウォーハンマーフェストで新しい商品がたくさん紹介されてまたストック貯まっているのでGWがんばってくれや!そしていつも通り日本は遅れると思う。ていうか大半の国はそんな感じらしいです!