たるいのウォーハンマーブログ

ミニチュアゲームのウォーハンマーの情報発信ブログ

アーミーズオンパレード2019への道のり その7

こんにちはたるいです。

今回はネタがあると優先順位の下がるアーミーズオンパレードへの道のりシリーズの更新です。

前回までのあらすじはストームキャストまで塗装のめどをつけたというところでしたね。

というわけで続きでございやす。

 

 

ストームキャストを塗装していた日は丁度シーナリーボードの受取の日だったのでそのまま受け取ったわけですが共同購入の方が5人いた、むしろ6人集まらなかったので2枚は私が引き取ることにしました。来年分と思えばいい&ゲームで使えばよかろうなのだ。

ボードが手に入ったところで早速アーミーズオンパレード本番を想定した配置をしてみる。

f:id:yoshiro-tarui:20191121180207j:image

ストームキャストが出来上がった時点での手持ちのミニチュア全部を投入してみました。

が、それだとギュウギュウ詰めになりすぎると感じたのでとりあえずアードボゥイだけ外してます。

うーん盤面は埋まってるけど色が塗れてないこと加味した上でもなんかメリハリが無さすぎてしっくりこないぞ。どうする。

そこで思い付いたのがテレインの追加でした。といっても手持ちのテレインはウォークライのスターターに入ったものだけだったので新規で購入です。そしてそのテレインというのがこれもまたウォークライのゲームでつかえるストームヴォールト。

ウォークライでも使うから全く無駄にならないからセーフ!と自分に言い聞かせながら翌日にはウォーハンマーストア神保町に訪問し購入。

盤面の起伏が足りないからメリハリがでてこないんだという仮説のもととりあえず配置。


f:id:yoshiro-tarui:20191121181045j:image

うーんなんかちょっとそれらしくなってきたかな?

この時点で朽ち果てた神殿の宝物を守るストームキャストとそんなことお構いなしに暴れまわりたいアイアンジョウというストーリーは完成しました。ひとつ前のバージョンよりもよくはなったけどまだ物足りない。

ここで私はもう一枚のシーナリーボードだったらどうなのかと考える。もう一枚の方は川が流れてるボードだったのでよりメリハリが出るかなあと考えたわけです。


f:id:yoshiro-tarui:20191121181502j:image

こ、これだああああああ!!!

ってな感じで盤面の配置は決まったわけです。

手前から奥に雛壇形式でテレインが配置されてるのが展示としての効果を際立たせてるとかそんな感じの理屈なんだと思います。

同じもの使っても見せ方って変わると思うんで難しいですね。

いやーボード2枚持っててよかったです。多分1枚だけなら川の方は諦めてたんで一個前の配置で妥協してたと思います。

 

そんな感じで配置が確定したのであとは塗りきれば終わるところまでたどり着いたわけです。

この時点でボードとテレインの塗装が丸々残ってる感じでしたね。あとメガボス。実は日程的に結構きつい感じになってましたが今日はここまで。

 

次回に続く。